それ、先に言ってよ!!

ゲームやガジェットの情報を紹介しています。

新型PSVR 大幅値下げでPS4並の価格へ。そろそろ買うべきか?

広告

人気記事セレクション ・【Amazonポイント6.5%還元】Amazonタイムセール祭りでポイント還元率アップ
・iPhoneXとiPhone8はどっちを買うべきか?気になる価格や性能を比較。
・Newニンテンドー2DS LLは買うべきか?他3DSシリーズと性能や価格の比較、互換性など。
・ニンテンドースイッチとPS4はどっちを買うべきか?本気で比較してみた
・ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの評価とレビュー。これは、人生で一番面白いゲーム。
・フリーゲーム おすすめの名作RPGを紹介!時間を忘れてのめり込んだ名作達。
<

2018年3月29日、PSVRが値下げされた。
以前にもHDRパススルーに対応した新型が発売されており、
機能的にはマイナーチェンジといった印象だったが、ついに大幅値下げ。

f:id:sakini_itteyo:20170212150532j:plain

PSVR、一気に1万円の大幅値下げ

一気に1万円の値下げで、34980円とPS4 Slimに近い値段になった。
値下げ前はCamera同梱版が44980円で、PS4 Proと同価格。
(これでも発売当時よりは5000円値下げされているのだが)

流石に買うのをためらう値段だったが、これである程度手が出やすくなった。

機能的には初期版PSVRと大差はない

初期版PSVRとの違いは、音量調節/マイクのミュートボタンがPSVR本体に設置されたことと、
HDRパススルーに対応したこと。

いずれも使用時の煩わしさを低減する改良であり、
解像度やフレームレートには影響はない。

個人的にはPSVRは通常のテレビでのゲームプレイでは得られない体験ができるため、
機能的には「買い」なのだが、如何せんVR酔いが気になる。

そのため早くフレームレートを改良して欲しいのだが、まだそこまでは行っていないようだ。

HDRパススルー

旧型PSVRのプロセッサーユニットはHDR映像に対応していなかったため、
PSVRを使用していない時にHDR出力で遊ぶためには、毎度配線を付け替える必要があった。

新型PSVRでは、プロセッサーユニットがHDR映像をパススルーでテレビ側に出力するため、
PSVRを繋いだまま、テレビ側でHDR出力で遊ぶことができる。

とは言え、あくまで配線を付け替える必要がなくなったというだけで、
これも機能的、性能的に向上したというわけではない。

PSVRの値下げで、今買うべきか?

上記のように発売当時からの違いは、使い勝手が多少向上したというだけだ。
ただ値段としては発売から15000円安くなっており、
気になっていたが値段がネック、という人にとっては買いやすくなったと言える。

しかし性能面や機能面で様子見している人からすれば、まだまだ次世代機を待つ展開と言えそうだ。
やはり本番はPS5と共に発売されるであろう、4K対応版PSVRになるのだろうか。

PSVRの使用感はこちら
www.sakini-itteyo.com