それ、先に言ってよ!!

ゲームやガジェットの情報を紹介しています。

最新Wifiルーターで通信速度が5倍になった話

広告

人気記事セレクション ・【月5000円節約も】格安SIMのおすすめを紹介。初心者でもわかりやすい、今選ぶべき格安SIM/MVNOとは。
・おすすめのスマホゲームアプリを紹介。無料で飽きない面白いゲーム【2017新作】
・iPhoneXとiPhone8はどっちを買うべきか?気になる価格や性能を比較。
・Newニンテンドー2DS LLは買うべきか?他3DSシリーズと性能や価格の比較、互換性など。
・ニンテンドースイッチとPS4はどっちを買うべきか?本気で比較してみた
・ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの評価とレビュー。これは、人生で一番面白いゲーム。
・フリーゲーム おすすめの名作RPGを紹介!時間を忘れてのめり込んだ名作達。

ネット接続の品質に関しては、無線より有線の方が高速で安定しているに決まってる、とそう思っていました。
ところがWifiルータを新調したところ、案外無線でも行けることが判明。
f:id:sakini_itteyo:20161214011103j:plain

なぜWifiを新調したか

以前PS3でオンライン対戦をしていた時に、相手側が無線接続だった場合、
死ぬ程不安定でまともにゲームにならなかった経験から、
Wifiでの無線接続はそもそも選択肢から除外していました。
 
ただ、新しいMacBookに有線LAN用のソケットがない、
wifi接続を前提にしているようだ、となって、
「自宅のwifiルータを新調したら案外使い物になるのでは?」と
試してみようという思いが出て来ました。
 
最悪でもiPhoneの通信速度は改善されるだろうし、
Mac側も変換コネクタをつければ有線接続できますしね。
 

Wifiの通信規格の話

一口にWifiと言っても、実は製品によって通信速度に差があります。
お使いのルータを見てもらうと、どこかに「IEEE 802.11」って記載があるかと思います。
現在広く流通しているものは、それぞれ以下のような速度になります。
  • IEEE 802.11g  → 54Mbps
  • IEEE 802.11n  → 600Mbps
  • IEEE 802.11ac → 6900Mbps
 
もちろん、上記の数字はあくまで「規格上の通信速度」であって、
実際の速度は、ルータ自体の性能や、距離、通信帯域の混雑具合等によって変わって来ます。
(実際の速度は、「実効スループット」とか言います)
 
例えば、「802.11n」の場合、2.4GHz帯を使用して通信するため、
電子レンジを同時に使用したりすると、干渉して速度が出なかったりします。

その点「802.11ac」だと5GHz帯を利用できるため、他に使用している機器があまりなく、
干渉がないために速度低下することが少ない、と言う特性があります。
 
簡単に言うと、
「802.11ac」対応のルータを買って、5GHz帯を使う
ようにすれば、大体OKです。
 
ウチの古いルータ(corega)は11nまでしか対応していませんでした。
802.11acにすれば(規格上)速度10倍!
 
…まあ実際問題、そこまでにはならないでしょう。
というのもウチの場合、肝心のインターネット回線がMax100Mbsだからです。
(ここだけは、田舎に越して来たデメリットですね)
 
どんなにWifiが早かったとしても、インターネット回線側が遅ければ、
そちらがボトルネックになってしまいますから。
※そういった意味で、モバイルルーターは論外

以上のような事情から、実際に速度を測るまでは、本当に効果が出るか確信が持てませんでした。
自宅のインターネット回線が1Gbpsであれば、上記のような心配は不要だと思います。
(フレッツ光 隼とか。都会にお住まいであれば大体対応しているはずです)
 

どのメーカーのルータを買うのが良いか

価格コムとかAmazonで色々漁ったところ、
バッファローとNECが売れ筋のようです。
ちなみに、Appleも出してるみたいなので検討しました。
www.apple.com
デザインはすっきりしていて良いんですが、802.11ac対応のものは19800円とお高いです。
ちょっと予算オーバーなので、今回は除外しました。
 
バッファローの方がシェアは高いみたいですが、デザインがひたすらにダサいですね。
ダサいの買って後悔するのは嫌なので、除外です。

さらにネット上のレビューを調べた印象としては、
通信が安定しないなどのネガティブな意見は、バッファローの方が多い印象でした。
buffalo.jp

NECの方は公式サイトに詳細な製品比較が載っていて、力を入れているなと感じたのと、実効スループットの記載もあります。

またデザイン的にもマシだったので、NECに決定しました!
こちらがAmazonで約8000円くらい。

下記の最上位モデルは約18000円なので、
今回は見送りましたが、お金があるならこっちの方が性能はいいです。 

ただコスパは上記のWG2200HPが良いですね。
最上位モデルをもし買ってたら速度6倍とかなってたのかな。
余裕が出来たら買うかも知れません。

 

PS3の無線接続が遅かった理由

ところで、PS4を購入検討してて気づいたのですが、
古いPS4は802.11nまでしか対応してないんですね。

今確認したら、PS3はさらに遅い802.11gまでしか対応していないと…
そりゃ使い物にならないわ。
 
逆に言えば802.11acなら無線接続でもゲームになるのかな?
PS4Proで試した限りでは、あまり通信遅延は感じませんでした。
 
ただし特にFPSや対戦格闘などを行う場合は、
有線LANでプレイした方が安定するのは変わりません。
 
特にゲームの場合、相手がいることですから、こちらの環境のせいでゲームにならない、というのは避けたいのですが、もし無線でも十分となれば気軽に接続できるのでいいですね。
あとWiMax等モバイルルーターはどう考えても安定しないので、
ゲームをする人は選んではいけません。
 

実際のファイルダウンロード速度

新しいルーターに接続して、試しにWindows10のISOファイルをダウンロードして見ました。
f:id:sakini_itteyo:20161214004205j:plain
9.4MB/秒・・・
常にこの速度が出るわけではないといっても、恐ろしい速さですね。
ちなみに、買い替え前は有線接続していましたが、2MB/秒がいいとこでした。
約5倍。
 
iPhoneでyoutubeを見るときも、もたつきがなくなりスムーズに再生されます。
唯一、Amazonプライムビデオは時折低画質になることがありました。
 
よく802.11nからacに切り替えると、速度が3倍くらいになると言われていますが、
平均しても最低3倍くらいの速度にはなっていそうです。
 

子機側の対応状況にも注意

ただ、上記の結果はMacBookProだから、かもしれません。
 
例えば、iPhoneの場合、iPhone6以降の機種は802.11acに対応していますが、
iPhone5S以前は802.11nまでしか対応していないので、
ルータ側だけ802.11acに対応していても、802.11nの速度でしか通信できません。
 
また、明確なソースは見つけられませんでしたが、
MacBookProの場合、Wifi受信用のアンテナが複数搭載されているので、
その分高速で通信できるとの記事がありました。
 
いずれにしても、自宅のwifiを見直してみると、このくらい速くなるよ!
というお話でした。ぜひ検討してみてください。