「ニンテンドースイッチ ミニ」の情報まとめ。性能やサイズ、値段と期待すること。

広告

新着記事
Newニンテンドー2DS LLの評価とレビュー。早くて軽くて可愛いけど、気になるところも。
ミニスーファミは絶対予約したい。ストライク世代が収録ソフトについて語ります。
【PS4】モンハン新作「モンスターハンターワールド」の新要素・変更点まとめ。
モンハン新作?「モンスターハンターワールド」でオープンワールド化に高まる期待。E3で発表か。
ドラクエ11体験会の感想と、実機でわかったことまとめ。期待と少しの不満あり。
人気記事セレクション ︎ニンテンドースイッチにモンハンダブルクロス発売決定。モンハン5はどうなる?
「ニンテンドースイッチ ミニ」の情報まとめ。性能やサイズ、値段と期待すること。
Newニンテンドー2DS LLは買うべきか?他3DSシリーズと性能や価格の比較、互換性など。
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの評価とレビュー。これは、人生で一番面白いゲーム。
ニンテンドースイッチの評価とレビュー。携帯機を超えたグラフィックと面白い体験が融合。
ニンテンドースイッチとPS4はどっちを買うべきか?本気で比較してみた
フリーゲーム おすすめの名作RPGを紹介!スマホゲームの期待作も。

ニンテンドースイッチに小型モデルが発売されるとの予測がある。
「ニンテンドースイッチ ミニ」とでもいうべきものだ。

確かに現行のニンテンドースイッチは少々大きいので、
取り回しをよくしたバージョンが発売されるというのはあり得そうな話だ。

f:id:sakini_itteyo:20170504152104j:plain
(出典:http://switchsoku.com)

上記のような画像も出てきているが、画像の出処は不明で、
現時点ではあくまで予測の範囲にとどまる。

ソース元

あくまで任天堂の公式発表ではなく、
アナリストの予測という形だ。

ソース元はおそらく以下。
Nintendo Will Release a Mini-Size Switch in 2019, Citigroup Predicts - Bloomberg

発売時期

任天堂に限らず、ハードは数年おきに更新されるものだ。

例えばニンテンドー3DSの場合、通常サイズ発売のおよそ1年半後に大型サイズのLLが発売されている。

発売時期
ニンテンドーDS 2004年12月2日
ニンテンドーDS Lite 2006年3月2日
ニンテンドー3DS 2011年2月26日
ニンテンドー3DS LL 2012年7月28日
ニンテンドースイッチ 2017年3月3日
ニンテンドースイッチ ミニ? 2018年8月末?

ニンテンドーDSから小型化したDS Liteが発売されるまでに1年3ヶ月。
ニンテンドー3DSから大型化した3DS LLが発売されるまでに1年5ヶ月。

ニンテンドースイッチは2017年3月3日の発売なので、
ニンテンドースイッチのサイズ違いが2018年の8〜9月に発売される、というのは
十分考えられる。

そしてニンテンドースイッチの場合、それが小型版になるというのも納得できる予測だ。

性能

小型化に合わせて、Joyコンとの結合機能はなくなり、
一般的な携帯ゲーム機の形になる、というのもあり得そうだ。

性能的には、現行のニンテンドースイッチとソフトは共通となるだろうから、
現行機と同等の性能になると思われる。

しかしながら、3DSのように大型化しつつ性能は据え置き、というのは簡単だが、
小型化しつつ性能を据え置くのは難しい面もある。
※とはいえDSからDS Liteでは1年3ヶ月で小型化を達成しているが。

バッテリー用のスペースも小さくなってしまうので、
バッテリー容量や発熱の問題をクリアできるのかという懸念も出てくる。

HDMI出力機能とバッテリー

現行のニンテンドースイッチにはHDMIで接続してTVに出力する機能があるが、
そのためにCPU・メモリに余剰性能が存在するようだ。

ニンテンドースイッチのバッテリーは持続が短いと言われているが、
「ニンテンドースイッチ ミニ」からはHDMI出力機能は削除されるだろう。

HDMI出力機能をなくせば、CPU・メモリ共に余剰分の性能を抑えることができ、
それだけバッテリー持続時間が伸びるはずだ。

ディスプレイのサイズ

現行のニンテンドースイッチは6.2インチだが、
上記の画像を信用すれば、「ニンテンドースイッチ ミニ」は
5インチディスプレイになる。

ちょうどニンテンドー3DS LLと同程度のサイズだ。

既に現行の6.2インチディスプレイに慣れてしまった身としては
ゼルダを5インチディスプレイでプレイするのは辛いかもしれないが、
3DS LLより少し大きいとなれば、おそらく実用上は問題ない。

値段

Joyコンとドックなしで200ドル、となっているが、
現行のニンテンドースイッチはアメリカでは300ドル、日本では29,800円なので、
単純に考えると「ニンテンドースイッチ ミニ」は日本では19,800円となる。

先日発表されたNewニンテンドー2DSより5000円程度高い。

これでいくと10,000円〜20,000円の3DSファミリと、
20,000〜30,000円のニンテンドースイッチファミリ、という二本立てになる。

ちなみに現行ニンテンドースイッチはJoyコンとドックがついて29,800円。
ニンテンドースイッチ ミニが発売される頃には現行機も値下げされているだろう。

仮に発売から1年半が経過して5,000円程度の値下げがあるとすると、
現行のニンテンドースイッチは24,800円になる。

それに対し「ニンテンドースイッチ ミニ」が19,800円というのは
ドックとJoyコンがないことを考えると少々割高に感じる。
もう少し安くなってくれると嬉しいところだ。

個人的な所感

現行のニンテンドースイッチはやはり携帯モードでプレイするには少し大きい。
大人でもそう感じるのだから、子どもにとっては余計に大きく感じるだろう。

また家庭によっては複数のニンテンドースイッチを買うところもあるはずで、
機能を抑えた低価格版が出ることは素直に歓迎したい。

ニンテンドースイッチ版モンハンが発売されれば、
必然的に人数分本体を買うことになるので、切実にできるだけ安くしてもらいたい。

本記事は続報が出次第、随時更新する予定だ。