ゲームやガジェットの紹介をしています。

それ、先に言ってよ!!

PS4 ゲーム

PS4 ProとPS4 Slimの違いとは。今から買うべきPS4本体はどっちか? 価格と性能・機能の比較。

更新日:

PS4 ProとPS4 Slimの違いとは。
PS4本体を買おうという時、PS4 ProとPS4 Slimのどちらにしようかと悩む人は多いはずだ。

発売当初は単純に性能が良いだけだったPS4 Proも、
OSアップデートによりブーストモード等が追加されたことで、目に見えて違いが出てきた。
また大作ソフトを中心にPS4Pro対応タイトルも増えてきている。

この記事では、PS4 ProとPS4(Slim)の価格や性能・機能などを比較していく。
PS4本体としてはどっちを買うべきか、購入の参考にしてもらえればと思う。

関連News:PS5が2020年末に発売決定!

PS5が2020年末に発売されることがソニー公式Twitterで発表された。
PS4との互換性があり、ロード時間の超高速化、コントローラーへの新技術採用など、
非常に興味深い内容となっている。

以下の記事では、詳細についてできる限り詳しく解説している。
PS4に興味がある人にはぜひ一度内容を確認しておいて欲しい。

no image
PS5とPS4の違いとは。発売日公式発表!スペックの詳細とコントローラーの新ギミックについて解説。

PS5の発売日が公式に発表された。 PS5はどんなゲーム機になるのだろうか。 所感を簡単に書いてしまえば、PS5では、 「五感全体でのゲーム体験」を一段引き上げようとする試みがあるのではないかと感じて ...

続きを見る

価格と性能・機能の比較

まず、PS4には初期型とPS4 Proと同時に発売されたPS4 Slimが存在する。
新品で購入する場合は問題ないが、もし中古で購入する場合は注意が必要だ。

以下に価格と性能・機能をまとめてみた。

PS4 Slim PS4 Pro
価格 29,980円(500GB)
34,980円(1TB)
39,980円(1TB)
44,980円(2TB)
解像度 1920x1080 1920x1080
CPU性能 8コア 1.6GHz 8コア 2.1GHz
GPU性能 1.84TFLOPS 4.20TFLOPS
メモリ性能 8GB 176GB/s 8GB 218GB/s
ストレージ容量 500GB/1TB 1TB/2TB
Wifi 802.11 ac 802.11 ac
寸法 約265mm×39mm×288mm 約295mm×55mm×327mm
重さ 約2.0kg 約3.3kg
消費電力 最大165W 最大310W
特色 ・省スペース/省電力
・お値段抑えめ
・ブーストモード
・4K出力
・スーパーサンプリングモード
・SATA3対応

現在のおすすめは、以下の通りとなっている。
PS4 Proは通常版よりも以下の限定版の方がお得だ。

PS4 Pro「MHW アイスボーン」限定モデル

PS4 Proと、モンスターハンターワールド本編、拡張パックである「アイスボーン」が
パックとなったモデル。
通常のPS4 Proと同じ価格となっており、実質MHWアイスボーンが無料と太っ腹なモデルだ。

Amazonでは現在PS4 Proモデルのみ在庫が残っているようだ。

PS4 Slimの性能

PS4 Proと比較すると、CPU・GPUの性能は抑えめで、初期型PS4と同等。
ただし初期型と比較して300g程度軽くなり、消費電力や騒音も抑えられている。

Wifiも初期型は802.11nまでの対応だったが、802.11acに対応しているので
Wifi接続でもストレスが少なくなった。

PS4 Proと違い、4K解像度に対応していない分、GPUの性能で劣る。
また地味にCPU・メモリ転送速度も負けている。
ただしその分、省スペース・省電力で、ファンの音もうるさくない。

当然ながらPS4のソフトで遊ぶだけなら、十分な性能を有している。

PS4 Proの性能

PS4 Proでは4K解像度に対応するため、特にGPU性能が向上している。

またCPU・メモリ転送速度向上による恩恵なのか、
メニュー画面の動作も通常のPS4に比べてキビキビしている。
ゲームのロード時間も、体感で早くなっている印象がある。

また、4Kテレビがないとメリットがないかと言われるとそうでもなく、
PS4 Pro対応ソフトであれば、映像表現が向上するため、より綺麗なグラフィックで遊ぶことができる。

また最近ではスーパーサンプリングモードが追加され、
4Kテレビを持っていなくても恩恵を受けることができる。

さらに後述のブーストモードによって、Pro対応ソフトでなくとも
フレームレートの高速化・安定化を図ることができる。

ただしその分、本体は比較的大きく重くなっており、消費電力も最大でPS4Slimの倍。
ファンの音も大きく、場合によっては煩く感じることも。

ただしモデルが新しくなる毎に、消費電力や静音性に関しては少しずつ改善されているようだ。

ブーストモード

PS4 Pro限定機能。
PS4Slimとの性能差を生かして、PS4 Pro発売前に出た非対応ソフトであっても、
フレームレートが増大、安定する。

ゲーム側で可変フレームレートになっているものはフレームレートが増大し、
30/60fps固定になっているものはフレームレートが安定する。
また一部ソフトではロード時間が短くなることもある。

特に敵が多数出てくるアクションゲームなどで効果を発揮する。
メニュー画面からオプションでON/OFFができるので、基本はONにしているが、
今のところ不具合には遭遇していない。

4K出力

PS4 Proは4K解像度に対応しているが、厳密には純粋な4K出力ではなく、
PS4内部で画像を生成した後、アップコンバートされた画像を出力している。
とはいえ解像度が上がっていることは確実で、比較画像を見ると地味にPS4Proの違いを感じる。

PS4 Pro Enhanced


(出典:https://www.jp.playstation.com:Destiny2)

PS4 Pro対応ソフトには「PS4 Pro Enhanced」ロゴが付与され、
PS4 Proでプレイした場合に映像表現がより強化される。

有名どころではDestiny2やホライゾンゼロドーンあたり。
ドラクエ11でも地味に解像度が向上していた。
今後発売の大作ソフトでは、よりその流れが加速する可能性がある。

公式サイトで対応ソフト一覧が記載されている。
ソフトウェア検索 | プレイステーション -

スーパーサンプリングモード

2018年3月8日のシステムアップデートv5.50で追加された新機能。
2K以下の解像度のテレビでも、一部のPS4 Pro Enhancedのタイトルの画質が向上する。

モンハンワールドで試してみた。

スーパーサンプリングON

スーパーサンプリングON

スーパーサンプリングOFF

スーパーサンプリングOFF

体感としてはあまり変わっているように感じない。
OFFの場合、気持ち輪郭部のジャギーがあるように見える程度か。

しかし最近実装された新機能のため、今後発売のタイトルでは違いが顕著になる可能性もある。
2KのテレビであってもPS4 Proを買う一つの理由になりうる、か?

PSVR使用時の違い

PS4 Proに全てのソフトが対応しているわけではなく、メーカー側が対応することが必要。
必ずしも画質が良くなるわけではなく、フレームレートのみの向上というパターンも多い。

バイオ7をやった時はさほどの差は感じなかったが、
おそらくフレームレートは向上していたのだろう。
PSVRの評価・感想レビュー。使用感や映像の見え方、VR酔いについて。

SSD換装

SATA3の規格に対応している。
標準で搭載されているハードディスクはSATA3ではないが、
より高速なSSDを搭載することができるため、ロード時間の短縮を行いたい場合はPS4 Pro一択となる。

ちなみに採用するSSDにもよると思うが、
ドラクエ11のルーラ時間がハードディスクだと10秒以上かかる場合でも
SSDなら半分の5〜6秒程度の時間で読み込みが完了する。

以下のSSDは換装実績が多く、価格も手頃なためおすすめだ。
500GBだと容量的な意味で多少の手狭感を感じるものの、容量が不足した際は遊ばないソフトを削除することで運用できると思う。

UHDBDには非対応

4KでのVR動画には対応したものの、4K版のBDであるUHDBDには非対応。
「君の名は」など一部で対応しているUHDBDを観るためには、専用のプレイヤーが必要だ。

PS4 Proの値下げはあるのか

2018年10月12日から、PS4 Proが値下げされている。
タイミングとしてはPS4 Proの発売から2年で、予想していたタイミングの一つである。
44,980円から39,980円へと5000円の値下げである。

さらに同年11月21日からは、2TBモデルも発売される。
こちらは44,980円と従来の価格でHDD容量が倍になっている。
PS4 Proの値下げについての記事はこちら

Amazonギフト券をチャージしてから買うことで、最大2.5%引き

ちなみに、案外知られていないのだが、Amazonでまとまった買い物をする場合は、
Amazonギフト券をチャージしてから買うことで、最大2.5%の値引きを受けることができる。
ゲーム機やガジェットなど金額の大きな買い物の場合は馬鹿にならない割引になるので、こちらもおすすめだ。

Amazonギフト券のチャージはこちら

PS4本体はどっちを買うべきか

PS4 Proを買うべき人


PS4 Proの特色は、やはり4K対応が大きい。

一応、スーパーサンプリングモードの実装によって
4K対応テレビでなくとも恩恵は得られるようになったと言えなくもないが、
現時点では体感的に顕著な違いはない。
4K対応テレビを持っていない場合は、無理してPS4 Proを買う必要はないかもしれない。

ただしブーストモードのおかげでフレームレートは安定するので、
アクションなど動きの激しいゲームをプレイする場合は、4K対応テレビでなくても恩恵がある。
ロード時間やメニュー操作などにも好影響がありそうだ。

またSSDに換装してさらに高速化を計画している人には、SATA3という選択肢がある分
PS4 Proの方が有利だろう。

ウチの場合、将来的には4Kテレビに買い換える予定なので
せっかくだから、とPS4 Proを購入した。
初期型PS4所持の友人曰く、全体的に動作がキビキビしているということで、
なんだかんだ満足している。

モンハンワールドでのPS4/Proの違い

また特定タイトルの話になるが、
PS4 Proでモンハンワールドを遊ぶ場合、
解像度優先、フレームレート優先、グラフィックス優先の3種類から
設定を選ぶことができる。(PS4では選択不可能)

解像度優先は4Kへアップコンバートしているものと思われ、
他の設定から変更するとゲーム自体の再起動が必要だ。

フレームレート優先はそこまで劇的に変わるというわけではないが、
体感として動きが滑らかになっているような気がする。

グラフィックス優先にすると、
より細かく光を描画するようになるため、少しリッチな見た目になり、
フレームレート優先から切り替えると、ぱっと見でわかる程度には光の描写に違いがある。

グラフィックス優先とフレームレート優先は、
ゲームを起動したままで相互に切り替えが可能なので気に入った方を選ぶといい。

ゲームに熱中していれば気にならないレベルの違いではあるが、
細かいところや、少しでも滑らかな挙動を求める人には重要だろう。

モンハンワールドは限定本体もPS4 Proであり、Proでのプレイを暗に推奨しているように思える。
またPS4 Proでの映像表現については、精力的なアップデートが行われている印象だ。
今後の大作ソフトは、PS4 Proでの差別化を図ってくる可能性は高い。

上記のメリットに10000円の差額を払う価値があると思えるなら、PS4 Proは買って損はないと思う。
お金に余裕のある、ゲーマー向けと言える。

【おすすめ】PS4 Pro「MHW アイスボーン」限定モデル

PS4 Proと、モンスターハンターワールド本編、拡張パックである「アイスボーン」が
パックとなったモデル。
通常のPS4 Proと同じ価格となっており、実質MHWアイスボーンが無料と太っ腹なモデルだ。

ジェット・ブラックとグレイシャー・ホワイト

基本色と言えるジェットブラック。
PS4 Pro発売開始からしばらくは、ジェット・ブラックのみの販売だった。

グレイシャー・ホワイトは比較的最近発売。
個人的には白の方が好みなのだが、既に買ってしまっていた。
黒より汚れは目立ちやすいので、好みの問題だとは思う。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

PS4 Pro 2TBは必要か

11月21日には「500 Million Limited Edition」と同じく容量2TBのPS4 Proが発売されたが、
果たして容量2TBは必要だろうか。
参考までにウチのPS4 Proのストレージ使用量を調べてみた。

まず容量は1TBで、実際に使用可能容量は860GBほど。
20〜70GB程度の製品版ソフトが11本、加えて10GB以下の小さめのソフトが2本入って、
現在の使用量は約500GBだった。残り360GB。
既に遊ばなくなっているソフトも複数あるので、消せばもっと空くだろう。

個人的には容量は1TBあれば十分だと感じる。
2TB必要なのは、大作ソフトを何本も同時に遊ぶヘビーユーザーか、
遊ばなくなったソフトでも消さずに残しておきたい人、といったところだろうか。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

PS4 Slimを買うべき人

PS4 Slim
(出典:https://www.jp.playstation.com)
反対に、4Kモニタ未所持であったり、解像度にさほどこだわりがなく、
安価にPS4のゲームを遊びたい場合は、PS4Slimでも十分だと思う。

Proの値下げによって価格差が小さくなったものの、
1万円あれば新作ソフトが1〜2本買えるため、Slimの方がコストパフォーマンスに優れる。
省電力だし、リビングに置いて遊ぶのであれば、静音であるというのもポイント。

「ゲームをいつもやるわけではないが、PS4のソフトに興味がある」という場合はこちらを選ぶのが無難だ。

ジェット・ブラックとグレイシャー・ホワイト

通常カラーはこちら。
PS4 Proの値下げと合わせて、グレイシャーホワイトのPS4(Slim)も通常販売となっている。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

限定デザイン版はドラクエ11 のロトエディションやFF15のルナエディションなど、
既にたくさん出ているので、興味のある人はAmazonか楽天で検索して見るといいだろう。

関連News:PS5が2020年末に発売決定!

PS5が2020年末に発売されることがソニー公式Twitterで発表された。
PS4との互換性があり、ロード時間の超高速化、コントローラーへの新技術採用など、
非常に興味深い内容となっている。

以下の記事では、詳細についてできる限り詳しく解説している。
PS4に興味がある人にはぜひ一度内容を確認しておいて欲しい。

no image
PS5とPS4の違いとは。発売日公式発表!スペックの詳細とコントローラーの新ギミックについて解説。

PS5の発売日が公式に発表された。 PS5はどんなゲーム機になるのだろうか。 所感を簡単に書いてしまえば、PS5では、 「五感全体でのゲーム体験」を一段引き上げようとする試みがあるのではないかと感じて ...

続きを見る

 

-PS4, ゲーム

Copyright© それ、先に言ってよ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.