ゲームやガジェットの紹介をしています。

それ、先に言ってよ!!

PS4 ゲーム ニンテンドースイッチ

ニンテンドースイッチとPS4はどっちを買うべきか?本気で比較してみた

更新日:

ニンテンドースイッチとPS4はどっちを買うべきか、迷っている人も多いと思う。

ニンテンドースイッチの性能は良くないと言われている。
それは一面としては事実なのだが、
そのことで必ずしもニンテンドースイッチは買うべきではない、とはならない。

今回は性能、価格、ソフトなど様々な観点から比較することで、
購入の参考にしてもらえればというのがコンセプトだ。

ニンテンドースイッチとの比較として、携帯機のPS Vita、同価格帯のPS4(Slim)、さらに上位版のPS4 Proを記載している。
ニンテンドースイッチ自体が携帯機と据え置き機の両方の性質を持っているので、
どうしても両面からの比較を行う必要があるためだ。

f:id:sakini_itteyo:20170130003457j:plain
(出典: https://www.nintendo.co.jp)

関連News:ニンテンドースイッチ Lite発売決定

ニンテンドースイッチの小型版「ニンテンドースイッチ Lite」が発表された。
以下の記事では、取り急ぎ確認できた違いなどをまとめているので、今からスイッチの購入を検討している人は確認してみてほしい。

ニンテンドースイッチ Liteの違いとは。性能やサイズ、値段などを解説。

年程前に噂になっていた、ニンテンドースイッチの小型モデル「Nintendo Switch Lite」が正式に発表された。 この記事では、発売前の現段階で判明している情報を取りまとめた上で、内容について ...

続きを見る

性能と価格面での比較

まずは各ハード毎に性能と価格面の比較をしてみよう。
以下の表を見て欲しい。

ニンテンドースイッチ PS Vita PS4 Slim PS4 Pro
希望小売価格 29,980円 18,980円 29,980円 39,980円
解像度 1280x720
(6.2インチ:237ppi)
(ドック時1920x1080)
960x544
(5インチ:220ppi)
1920x1080 1920x1080
CPU性能 8コア
1.0GHz
4コア
0.4GHz
8コア
1.6GHz
8コア
2.1GHz
GPU性能 157.2
GFLOPS(携帯時)
(ドック時393.2GFLOPS)
51.2
GFLOPS
1.84
TFLOPS
4.20
TFLOPS
メモリ性能 4GB
25.6GB/s
512MB
12.8GB/s
8GB
176GB/s
8GB
218GB/s
ストレージ容量 32GB
(外部追加あり)
1GB(内臓)
(外部追加あり)
500GB 1TB
Wifi IEEE
802.11 ac
IEEE
802.11 n
IEEE
802.11 ac
IEEE
802.11 ac

※ニンテンドースイッチのCPU/GPU性能についてコメントで指摘を頂きましたので修正しました。
※PS Vitaはすでに出荷が終了していますが、参考値としてそのまま記載します。

解像度

縦x横にどの程度の画素数が描画できるかを示す。

単純に数字が大きいほどいい、ということでもなく、密度が大事。
(1インチあたりのピクセル数をppiという単位で表す)

例えば、iPhone7の場合は326ppi、Mac Book Proの場合220ppiほどで、
高いほど高精細な画像が表示される。
おおむね200ppiあれば、「綺麗な画面」と認識できるようだ。

ちなみにPS4/Proにppiの記述がないのは、
表示するテレビのサイズによって数値が変わってしまうからだ。

CPU性能

コア数が多いほど、同時にたくさんの処理をこなすことができる。
また、同一のCPUアーキテクチャを採用している場合、
クロック周波数が高い方がより高速に処理できる。

厳密には採用されるCPUアーキテクチャによって全体の性能は変化するが、
CPUの処理性能はCPUコア単独の性能×コア数で、
大まかに処理性能を計算することができる。

ニンテンドースイッチの場合、CPUはARM製Cortex-A57の4コア+Cortex-A53 4コアで、
合計は8コアとなっており、コア数としてはPS4と同等だ。

Cortex-A57がメイン処理を担い、
Cortex-A53は省電力で負荷の小さい処理を行うように役割分担している。

PS4 ProはノーマルPS4よりクロック周波数が約1.3倍になっているので、
概ねその程度の性能向上を果たしていると言えるだろう。

近年のゲーム機に必要なのは3Dグラフィックの処理性能なので、
GPU性能が最も重要だが、CPUはGPUへの仕事の割り振りを担っているので、
早いに越したことはない。

ニンテンドースイッチやPSVitaのクロック周波数はやはり低い。
これはクロック周波数を高めてしまうと発熱の問題や、
バッテリー駆動時間に悪影響が出てしまう
ため。

PS4など据置機では内部に空間を大きく取ることでも発熱対策になるし、
そもそも直接電源で稼働しているので上記のような問題はない。

しかし携帯機の場合、どうしてもスペースが小さいことと
バッテリーをできるだけ長時間稼働させたいという要望があるため、
クロック周波数を抑える方向になってしまう。

GPU性能

グラフィックの処理性能を示す。

FLOPSは1秒間に何回浮動小数点数演算ができるかの単位で、
「どの程度のポリゴン数を秒間何フレーム描画できるか」という重要な性能値。

ニンテンドースイッチの値は携帯モード時。
ドックに接続しテレビ出力する際には393.2GFLOPSまで向上する。

携帯モード時はPS Vitaを上回るものの、
ドック時でもPS4の4分の1以下となっている。
正直実感からするとそこまでの差は感じないのだが…

このスペックだとVRを動かすのは厳しいと思う。

というのも、VRの場合周辺視野まで含めて描画する必要があることと、
フレームレートを確保しないと没入感が得られにくいため。

PSVRではこの問題を解決するために、PS4本体とPSVRの間に追加の演算ユニットを噛ませて、
フレーム補完を行うことで見た目上のフレームレートを確保している。

性能の関係上、どうしても解像度やフレームレートはPS4 Proに劣るニンテンドースイッチだが、
ニンテンドースイッチでVRが遊べる周辺機器が出るとの噂もある。

また、ニンテンドースイッチをテレビにつなぐ時の「ドック」について、
順次性能がアップしたバージョンをリリースしていくという話も出てきている。

将来的にニンテンドースイッチでVRを遊ぶような形になれば、
ドックの性能等強化版が発売される可能性は高いだろう。
今後の続報に期待だ。

PS VITAの値はネットで調べたものだが、思いの外低い。

ちなみに、PS3のGPU性能は
「228.8 GFLOPS」なのでPS Vitaの4倍程度あるが、

PS3とPS Vitaでさほどの差は感じないのであれば、案外ニンテンドースイッチとPS4もそこまでの差は感じないかもしれない。

PS4 Proはさすがの性能。
PSVRを満足に動かすために必要なスペックなので当然ではあるが、
この性能でもPSVRを動かした際の解像度はまだ物足りなさがある。

メモリ性能

メモリ容量と転送速度を併記し、メモリ性能としている。

メモリ容量はCPUで処理する情報を貯めておく領域の広さ。
よく机の広さに例えられる。基本的には多ければ多い方がいい。

ニンテンドースイッチは4GBだが、
PS4およびPS4 Proは8GBだ。

また、転送速度が早いほど、描画をはじめとして各種の処理がスムーズに行われる。

ニンテンドースイッチの場合、メモリ容量自体は4GB、転送速度が25.6GB/sとなっている。
それに対し、ノーマルPS4でもメモリ容量は倍の8GB、転送速度は176GB/sと約7倍だ。
さらにPS4 Proではメモリ容量自体は8GBと変わらないが、転送速度はさらに向上して216GB/sとなっている。

PS4 Proは圧巻の性能だ。
数字が増えていくと強い感じがしていいね!

ストレージ容量

ゲーム機本体に保存できるデータ量を示す。

PS4/Proの場合は、ディスクから一旦本体へデータをインストールする形式のため、どうしても大きな容量が必要になる。

※PS4の場合はストレージ容量が1TBのモデルもあり、その場合は+5000円。
またPS4 Proにもストレージ容量2TBのモデルが登場した。ガッツリソフトを買う人向けだ。

ニンテンドースイッチはカセット式でゲームデータを本体にインストールしないため、
ストレージ容量は小さくても良いという判断になったのかと思う。

また、最大2TBまでのSDカードを利用できるので、
ダウンロード版の場合は、SDカードに保存して遊ぶ形になる。

Wifi

WifiはPS Vita以外は、最新の「IEEE 802.11 ac」規格が使用できる。

ただし、各家庭に設置されているWifiルータ側も同じ規格でないと性能を十全に発揮できないので注意が必要。

我が家ではWifiルータを交換したところ驚くほど早くなったので、参考にしてほしい。
最新Wifiルーターで通信速度が5倍!になった話

ニンテンドースイッチのバッテリー性能

ニンテンドースイッチは「携帯できる据置機」である。
バッテリー性能は決して高くない。

「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」をプレイした場合、
残念ながら2〜3時間しかバッテリーは持たない。

そのため電車や車の中などでの長時間のプレイの際は、
モバイルバッテリーが必須となる。

幸いにして市販のモバイルバッテリーを使用することができるので、
頻繁に持ち歩くのであれば買っておくべきだろう。

またドックに接続してもPS4より2回りほど小さくコンパクトなため、
帰省の際などに持ち運ぶのは簡単だ。

ちなみにニンテンドースイッチの小型版「ニンテンドースイッチ ミニ」の噂も出ており、
携帯性が高まるので出るなら早く欲しいところ。
(関連記事を参照)

ソフト面の比較

ニンテンドースイッチ

f:id:sakini_itteyo:20170321003838j:plain
まず筆頭となるのはやはり「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」
ポリゴン数は多くないながらも、ライティングのうまさと細かい自然表現で、
大自然の空気感を表している「オープンエアー」アクションRPG。

オープンワールドを言い換えただけかと思いきや、確かに空気感を感じ、
動かしていて心地よい。

また、ゲームとしての間口も広く、ライトゲーマーなうちの嫁も
がっつりはまり込んでいる。
誰でも楽しめる、買って損はないゲームだ。

個人的には、今年のベストゲームオブザイヤーに選ばれると思っている。
まだプレイしていないのであれば、ぜひ遊んでみて欲しい。

また、スプラトゥーン2もある。
初心者ながら試射会に参加したが、こちらもカジュアルに遊べて面白い。
ライトゲーマーにはうってつけの対戦ツールという印象だ。
f:id:sakini_itteyo:20170326225354j:plain

任天堂製のソフトは安定して発売されるし、PS4とのマルチも増えてきている。

ただし性能面での不安を抱えていることも事実で、
Wii Uでは性能面がネックとなって、
サードパーティ製のゲームがマルチであまり出なかった
こともあり、
この点はどうしても不安材料。

f:id:sakini_itteyo:20170321003839j:plain
ニンテンドースイッチでドラクエヒーローズ1・2をプレイしたが、
静止状態の画像は案外綺麗なのだが、PS4版に比べて明らかにフレームレートが低い。

エフェクトも大幅に簡素になっているので、PS4版をプレイ済の身としては、
「本当に同じゲーム?」と言えるほどの差がある。
(PS4版は文句なしに良作だが、先にニンテンドースイッチ版をプレイしていたらこの評価にはならなかったと思う)

「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」に関しては、
さすがにメーカーといったところで上記のようなストレスはなかったが、
どうしてもPS4と比べると一度に描画できるオブジェクトの量が少ないのは気になる点。

PS4

今世代のコンシューマゲーム機としては、完全に市場をつかんだ状態。

PS4/ PS Vitaのマルチで多数のゲームが発売されているし、しばらくはこの傾向が続くだろう。

最近発売したソフトでは「ホライゾン ゼロ ドーン」が圧巻のグラフィックで、
ゲームとしても面白く「PS4を買ってよかった!」と心から思える出来。

ただし、総合的な面白さ、ゲームとしての間口の広さについては、残念ながらゼルダの方が上だ。

PS Vitaの性能が見劣りしているし、新しいVitaが出てくるかと思っていたが、
もはやその方向はなさそうだ。リモートプレイ用としては有用なのだが。

結局ニンテンドースイッチとPS4のどっちを買うべきか

ここからはそれぞれのゲーム機を買うべき人をタイプ別に書いていきたい。

ニンテンドースイッチを買うべき人

f:id:sakini_itteyo:20170130003457j:plain
(出典: https://www.nintendo.co.jp)

「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」に関しては、
プレイしていないのはゲーマーとして人生を損している。

少しでも興味があるのなら、ゼルダのためにニンテンドースイッチを買うべきだ。
それだけのために買うには少々お高いが、十分元は取れる。

発売時期は数ヶ月単位で開くが、「スプラトゥーン2」「マリオオデッセイ」、
また「ゼノブレイド2」のほか、任天堂のソフトは安定して供給される。

上記シリーズに魅力を感じる人は、ニンテンドースイッチを買うべきだと思う。

またゲーム機のスペック自体にはあまりこだわりがなく、
外に持ち運んで友達と遊ぶことを重視する人もニンテンドースイッチがおすすめ。

ただしPS4と比較して性能面で劣ることは確実なので、
購入予定のソフトがPS4とのマルチであればPS4を選んだ方が確実ではある。
アクション系は特にフレームレートで顕著にプレイ感覚に差が出る。

ただし、ゼルダは30フレーム前後しか出ていないらしいが、あまり気にならず面白い。
迷っているならニンテンドースイッチとゼルダの組み合わせがおすすめだ。

PS4(Slim)を買うべき人

f:id:sakini_itteyo:20170130003456j:plain
(出典:https://www.jp.playstation.com)

ゲームは家のテレビで腰を据えてやる派で、コストパフォーマンスを重視する人。

任天堂のゲーム以外にやりたいソフトがあるが、
PSVRはまだいいかな、という人はPS4を買うべき。
いうほどProと変わらない。
たまにカクつくかもしれないが、コスパは良い。

PS4のゲームはやりたいが、Proまで買う必要はないかな、という人はこちら。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

PS4 Proを買うべき人

f:id:sakini_itteyo:20170130003453j:plain

PSVRに興味がある場合は、PS4 Proがおすすめだ。

できれば今すぐにでもVRを手にいれて遊びたいと思っている人は、
Proを買っておくべき。

また、SSDへの換装を視野に入れた場合、PS4 Slimよりも高速なSSDに換装することができるため
ロード時間が早くなる。

また、ホライゾンゼロドーンなど一部のソフトでは
PS4Proの場合に映像表現が強化される。
ホライゾンゼロドーンの映像は本当に実写に近いので、一度体験して欲しい。

または「どうせなら一番いいPS4をくれ」という剛毅な人におすすめ。
うちはPS4 Proですが、カクつきもなく快適です。

PS4 SlimとPS4 Proについてはより詳細な比較を行っているので、以下も参照してください。
PS4 ProとPS4 Slimの違いとは。今から買うべきPS4本体はどっちか?価格と性能・機能の比較。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

まとめ

①まずはソフトのラインナップでニンテンドースイッチ or PS4のどちらかを選択する。
任天堂のソフトが最優先で遊びたい人はニンテンドースイッチ。

②ニンテンドースイッチとPS4のどちらにも発売されるソフトが目当てなら、
性能的にはPS4の方が安定している。

③お金に余裕があるならPS4 Proを買った方が後悔はないかもしれない。

という感じで、私は最初PS4 Proを買いました。友人のPS4と比べてもスムーズ。
その後、PVに魅せられて結局ニンテンドースイッチも買うことに。

納得して買うのが一番だと思うので、購入の一助になれば幸いです。

関連News:ニンテンドースイッチ Lite発売決定

ニンテンドースイッチの小型版「ニンテンドースイッチ Lite」が発表された。
以下の記事では、取り急ぎ確認できた違いなどをまとめているので、今からスイッチの購入を検討している人は確認してみてほしい。

ニンテンドースイッチ Liteの違いとは。性能やサイズ、値段などを解説。

年程前に噂になっていた、ニンテンドースイッチの小型モデル「Nintendo Switch Lite」が正式に発表された。 この記事では、発売前の現段階で判明している情報を取りまとめた上で、内容について ...

続きを見る

ニンテンドースイッチやスマホゲームのおすすめも紹介しています

このブログはゲームブログということで、おすすめのゲームについても紹介している。
スマホゲームにも手を出しているが、最近のスマホゲームはなかなか出来が良いものが多く、おすすめをまとめてみた。
ぜひ一度目を通して見て欲しい。
www.sakini-itteyo.com

また、個人的に現在一番面白いゲームである「ゼルダBotw」やニンテンドースイッチ本体のレビューも紹介している。
www.sakini-itteyo.com

-PS4, ゲーム, ニンテンドースイッチ

Copyright© それ、先に言ってよ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.